トピック

HAIR & BEAUTY

2018.01.26 15:00

ナンバースリー研究開発に聞いてみた。結局、HUEは今までのカラー剤と何が違うの?


最近、このブログに出てくる

ナンバースリーから3月22日に発売される

HUE(ヒュウ)というカラー剤。



普通のカラー剤とどう違うの?
そんなことを疑問に思っている方も多いと思うので
ナンバースリーの研究開発部の方に直接聞いてみました。


そしてHUE中には2種類のカラーがあって

@アルカリカラー(今まで通りのクリーム形状)



Aデミパーマネントタイプ(ジェル形状)



があります。


そして今回日本初の試みとなるのが

Aデミパーマネントタイプ(ジェル形状)になります。



アプリケーターに入れ、髪につけなじませます。



ちなみに1液と2液をアプリケーターの中でミックスするのですが
2つの液を振って混ぜると
液体からジェル状に変わります。

その動画はこちら。




それでは本題。

『通常のクリーム形状のカラーとの一番の違いはなんですか?』

直接メーカー研究開発部の方に聞いてみました。


返ってきた答えはズバリ

『ダメージレス』でした。

では、どういったことがダメージレスにつながるのでしょうか?

アルカリ量の違いだそうです。

カラー剤には通常
「アルカリ剤」が入っています。

アルカリ剤はこんな役目をします。
・キューティクルを開く
・カラー剤を髪の内部に導く
・2液の過酸化水素水を分解し、酸素を発生させる


どれもカラーリングをするにあたり大事な役割です。

このアルカリ剤が通常のカラーより1/10以下しか入っていないそうです。


では、この大事な役割をしているアルカリ剤の量を極端に減らして
キレイに染まるのでしょうか?


これも質問してみました。

返ってきた答えは。。。

HUEグロスは、アルカリ剤が少ない分
あまりキューティクルを開きません。


ですが
クリームタイプは白いです。
それは油が大きいから。

ジェルは透明です。
それは油が小さいから。


なので今回のHUEグロスはジェル状で
油がとても小さく、たくさんキューティクルを開かなくても
髪の中にしっかり入っていきます。


なので、必要以上にキューティクルを開かなくても良いので
ダメージレスなカラーになったんです。とのこと。


なるほど!って感じですね。

浸透しやすい形状を使うことにより
ダメージレスに発色するということみたいです。


他には時短や透明感など
特化した部分はたくさんありますが
それはまた次の機会に!


ということで
HUEグロスを使えばお客様の髪もキレイになりそうですね!

なお、美容師さん向けには専門的なことを含め
説明させて頂きますので
詳しくお知りになられたい方は
各SNSからお問い合わせください。



発売が楽しみだー!






ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


受付時間

平日
10:00〜パーマ・カラー18:00まで カット19:00まで

土日祝
 9:00〜パーマ・カラー17:00まで カット18:00まで


ご予約方法


LINE@

友だち追加





またはお電話にて

0748-26-8264








ヒゲ脱毛始めました。



世界統一基準『オーガニックヘアケア剤』の販売を開始しました。












メンズメニュー始めました!

メンズメニュー始めます!






おすすめメニューのご紹介。














ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

最新記事